疑われずに浮気相手と連絡をとりたい!みんなが使う定番のアプリ

浮気・不倫相手と連絡を取る手段についてお悩みですか?

浮気・不倫がバレてしまう理由で最も多いのは、「スマホの履歴を見られた」ことです。

関係がバレないアプリを知りたいですよね。

結論だけ先に言わせてもらうと、どのアプリを利用してもバレるときはバレるんです。

バレないアプリは存在しませんが、バレづらいアプリは存在します。

そして万が一スマホの中身をチェックされた時に、バレるリスクを回避できるかが大切。

ということで、浮気・不倫でよく利用される定番のアプリを、「オススメ度」とあわせてご紹介します。

無料電話&チャットができるアプリ

5つの定番アプリをご紹介します。

LINE(オススメ度:★★☆☆☆)

LINE
LINE
Developer: LINE Corporation
Price: Free+
LINE: Gratis-Anrufe
LINE: Gratis-Anrufe
Developer: LINE Corporation
Price: Free+

連絡アプリの王道といえば、もちろんLINEですよね。

LINEはプライベートに限らず不倫相手との連絡手段に利用する人も多くいます。

ですが、定番であるがゆえに、不審な行動が目につきやすくなるので注意が必要です。

例えばトーク内容を見られないように画面を隠すようになったり、深夜や早朝に着信履歴が残る回数が増えたり。

初歩的なのは、特定の人だけ「通知オフ」にしていたり、急にスタンプを購入して使うようになったり…。

もっと怖いのは、不倫相手に送ろうとしたメッセージを妻(旦那)に誤送信してしまうリスクです。

普段使うアプリだからこそ、おかしな行動は目につきやすくなります。

「誤送信に気をつけているし履歴も全部消しているから大丈夫!」

と安心する人もいますが、その気になれば復元ソフト「PhoneRescue」を利用して、削除した履歴を復活させることもできちゃいます。

疑われて履歴をチェックされたらバレやすいアプリであることを承知しておきましょう。

Kakao Tolk(オススメ度:★★☆☆☆)

KakaoTalk Messenger
KakaoTalk Messenger
Developer: Kakao Corp.
Price: Free+
KakaoTalk: Free Calls & Text
KakaoTalk: Free Calls & Text

カカオトークはLINEの姉妹アプリ。

LINEほど有名ではなく「不倫の穴場アプリ」として知られるようになり、爆発的に利用者が増えています。

それが逆手となっていて、不倫アプリの定番としてピックアップされています。

探偵事務所のコラムで紹介される機会が多く、「カカオトークのアプリが入っていれば浮気を疑う」と言われるくらいです。

特に既婚者は、LINE以外にわざわざカカオトークを入れている時点で、「誰と連絡とってるの?」と不審に思われてやすいですからね。

もし仕事で使っているのであれば、不審に思われるリスクは減るでしょう。

Skype(オススメ度:★★★★☆)

Skype für iPhone
Skype für iPhone

LINEは浮気を疑われると一番にチェックされてしまうアプリなので、最初から使わないという人も多いですね。

そこで利用される定番アプリが「skype」 です。

スカイプはビジネスで使われることが多いので、スマホ内に入っていても不審に思われにくいアプリ。

そしてskype の最大の特徴としてログインしない限り着信しないという利点があります。

不意に着信があっても、LINEのようにコソコソしなくて済むので、疑われる心配がありません。

skypeはLINEのようにトーク機能はあまり充実していませんが、無料通話とビデオ通話は非常に高性能であるのが嬉しいところ。

バレづらいアプリとして、とてもオススメです。

ChatWork(オススメ度:★★★★★)

Chatwork - Business Chat App
Chatwork - Business Chat App

ChatWorkもビジネスシーンでよく利用されるチャットアプリです。

skypeと同様に、スマホ内に入っていても怪しまれにくいアプリなので不倫に利用している人も多くいます。

機能はチャットはもちろん、無料音声通話、ビデオ通話も可能。

そして嬉しいのは「タスク管理」ができるので、二人のスケジュールを共有したり、画像や動画も保存し管理ができちゃうこと。

そして、アプリの起動はパスコードでロックをかける必要があるので、盗み見される心配はありません。

もしパスコードがかけられていることを不審がられても「会社で利用しているから漏洩を阻止している」と言えば納得してくれるでしょう。

slack(オススメ度:★★★★☆)

Slack
Slack
Price: Free
Slack
Slack
Price: Free

slack もビジネスシーンで使われるチャットアプリです。

ChatWorkと同じく、音声通話やビデオ通話、チャットはもちろん、画像の共有や管理ができるアプリです。

ただしあくまでビジネス用のアプリなので、可愛いスタンプが無く、機能面も業務的なので、面白さは感じされないでしょう。

ただしアプリ機能のパスコードが無い(ログインURLをメールで送る機能が標準)のため、盗み見される可能性は少なからずあります。

なので、オススメ度はChatWorksより☆ひとつ減点。

その他のアプリ

上述の音声・動画通話・チャットアプリの他にも連絡をとるアプリはたくさんあります。

Eメール(オススメ度:★★★★☆)

チャットアプリは、やりとりが頻繁なので、自宅でやると怪しまれる可能性が大きいですよね。

そして頻繁なやりとりは疲れるから、空き時間でメール(Eメールは死後かなw)のやりとりが良いという人もいるかとおもいます。

メールはやりとりが少ない分、家族との時間を優先的に考えられるし、「恋の盲目」にならず冷静に対処できるメリットがあります。

ただ、スマホに標準で入っているメールソフトは履歴を盗み見される危険もあるので、別のマイナーなアプリを使うことをオススメします。

オススメは「spark」というメールアプリ。機能的には普通のメールアプリと差はありませんが、パスワードロックをかけられるので安心です。

Spark – E-Mail-App von Readdle
Spark – E-Mail-App von Readdle

また、マイナーなアプリなので怪しまれるリスクもグンと減ります。

SMS(オススメ度:★☆☆☆☆)

SMS(ショートメール)は携帯番号さえわかれば簡単にメッセージの交換ができるので、利用している人も多いですよね。

SMSはアプリのパスワードロックがかけられないので、盗み見される危険があります。

また、通知設定がオンになっていることで、不意な着信でバレる危険もあります。

さらにSMSは通信料が別に課金されます。

携帯料金の明細が家族で同一であれば、「なんでこんなにSMSを使っているの?」と疑われる危険性もあるのでオススメしません。

カップル専用アプリ(オススメ度:★☆☆☆☆)

カップルのためのアプリの定番は、「COUPLES」、「Pairy」、「Between」などがあります。

カップル専用アプリは、トーク機能があるのはもちろん、二人の記念日や写真なんかも管理できて便利です。

が、既婚者がこのアプリを入れている時点で怪しさ満点です。

毎回ログアウトすれば、中のコンテンツをチェックされる心配はありませんが、怪しまれて「中身を見せてよ?」と問い詰められると逃げようがありません。

なので不倫には不向きのアプリといえるでしょう。

SNS(オススメ度:★★☆☆☆)

浮気や不倫の相手は、SNS上で知り合う機会が急増しています。

同級生や、元彼(元カノ)、知人など近しい人との再開で盛り上がって関係が始まるケースが多いですが、twitterやゲームアプリで趣味を通じて見知らぬ人と関係がはじまることも。

SNSの定番は「Facebook」、「Twitter」、「インスタ」、「Ameba」など。意外にも「mixi」の趣味コミュニティーで出会うのケースもあり不倫の穴場と言われています。

SNSアプリはそれぞれダイレクトにメッセージを送信できるメッセンジャー機能があるので、人目に触れず連絡を取ることができます。

ただ普段はSNSをしていなかった人が、急に利用し始めるようになると、「誰と連絡とってるの?」と不審に思われる可能性が高いです。

普段から使っている人にオススメのアプリです。

どのアプリを使ってもバレるリスクがある

不倫相手にオススメのアプリを紹介しましたが、何を使ってもリクスが「0」というアプリは存在しません。

どのアプリを使おうが、普段と異なる行動をするようになると、勘が良い人ならすぐに「怪しい!」と感じてしまいます。。

それに、「不倫 連絡」で検索するとよくわかりますが、不倫調査を専門とする探偵会社も、「不倫が疑われる怪しいアプリ」について情報を掲載させています。

プロのアドバイスが入ると、あの手この手で証拠を徹底的に掴んでくるので人生が摘んでしまいます。

なので、まずは「不審に思われない」という予防策を徹底することが大切なのです。

一番のリクス回避はスマホを2台保有すること

どうしても1台のスマホでアプリを共有させていると、行動も怪しいし、いくら履歴を削除しても、誤送信するなど、ちょっとした気の緩みでバレてしまうリスクがあります。

なので一番のリスク回避は、スマホを別に1台保有して、不倫相手はそのスマホから連絡をすることに徹することです。

もちろん、不倫用のスマホは家族に見られてはいけないので、会社のロッカーに閉まって置いたり、バッグの中などに閉まって家族のいる前では出さない工夫が必要です。

家族といるときは不倫用のスマホはいじらないので、怪しい行動を見られる心配がなく、仮にスマホの中を抜き打ちチェックされても怪しいアプリはもちろん証拠も一切ないので安心です。

不倫用のスマホはキャリア契約しなくて結構です。アプリで連絡を取るだけなので、wi-fiだけ使える「SIMフリーのスマホ」れば良いです。

外出先で使いたいときは、キャリア契約したスマホとデザリングすればOK。

スマホはアマゾンで1万円以下で購入できます。

(まとめ)普段使わないアプリを急に使いはじめないこと

今回この記事を書くのに知恵袋や不倫ブログを読み漁って不倫アプリの実態と失敗談を調査しました。

そして自分の経験談からみても、やはり「不審に思われるアプリ」を極力使わない。家族の前で使わないことが最適だということを身にしみてわかりました。

とくに女性って普段と違う態度や行動に敏感。スマホの画面を隠す行動をするだけで「怪しい!」と感じさせてしまいます。

結局、どのアプリを使っても良いと思いますが、不審に思わせないように徹すること。

そして抜き打ちで中身をチェックされた時の証拠隠滅することに限るのだとおもいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする