こんな相手は要注意!浮気・不倫相手にふさわしくない9つのタイプ

不倫は時間的にも精神的にも制約がとても多い関係。

制約が多い中で不満を溜め込まずに「遊び」と割り切った関係を続けていかなくてはなりません。

最初は割り切っていても、愛情が深まると不満も大きくなってきますからね。

不満を自分で消化できる相手でないと、不倫関係が長続きできないばかりでなく、周囲にバレるリスクも高くなるため気をつけなくてはいけません。

不倫相手としてリスクの高い人の傾向を9つ整理したので解説します。

家庭を大切にしない人

不倫を長く続けられるカップルの多くは、家庭が円満であるケースがほとんどです。

特にW不倫でお互いに家庭が円満で、家族を最優先にしているカップルは最高に長続きします。

理由は簡単で、家庭という基盤がしっかりしているから、不倫相手にも優しくなれるし、多くを求めなくて済むからです。

逆に家庭を大切にしない人は、円満でないため常に問題を抱えた状態。

家庭が落ち着かないから不倫相手と会う時間も、どこか上の空だったり、家庭のイライラを不倫相手にぶつけてしまったりしてしまうこともあります。

相手を束縛する人

不倫関係を続けるうちに、相手を束縛しはじめる人が出てきますよね。

束縛するのは「自分を一番に見て欲しい」という心理があるからです。

頻繁にメールや電話で、どこにいるのかを聞いてくるのはもちろん、LINEの既読が遅いと不安に感じることが束縛のはじまりです。

不安を解消すれば束縛も減りますが、不倫関係は常に不安と隣り合わせの交際です。

束縛しはじめると重たい存在に感じてしまい「めんどくさい人」となってしまいます。

不倫では束縛はご法度です。

相手に依存しすぎな人

不倫も一般的な恋愛と同じく中毒性があります。

最初はメールするだけでも楽しく幸せなのに、ひとたび一線を超えてしまえば、相手がいないと辛く苦しく感じてしまいます。

もちろん相手のことが「大好きで夢中」であるのは良いこと。しかし、相手がいないと何も手がつかなくなる「依存症」だと大変です。

不倫では家族が第一優先なので、不倫相手は二の次、三の次です。

突然、デートがキャンセルになることもあるし、連絡が来ない日だってあります。

にもかかわらず、依存するタイプは「自分が一番」でないことを理解しつつも、不安が募り、やがて嫉妬してしまう傾向にあります。

わがまま言う人

不倫はあくまで「遊び」であることが前提の関係です。

限られた時間でしか会えないため、別れる時は毎回寂しく辛いものです。

恋愛感情が深まると相手を独占したい欲が強まるため、不倫ではこの欲を自分で消化しなくてはいけません。

独占欲がまさると、相手を独り占めできないことに苛立ち、相手の配偶者の存在がうっとおしく思えてきます。

「きょうは帰りたくない!」

「奥さん(旦那さん)と離婚してほしい」

こんなわがままを言い始めると、「遊びの不倫」では済まなるため関係がこじれてくるでしょう。

将来を期待させる人

不倫相手に将来を期待する人も問題ですが、期待をさせる人も問題です。

「いつか離婚して〇〇ちゃんと一緒になりたい」

「もうセックスレスだから〇〇さん以外は愛せない」

そんな期待を持たせることを言う相手には要注意です。

特に男性側から発言することが多い期待の言葉ですが、配偶者との離婚を匂わせ場を盛り上げておいて、実際は離婚しない人がほとんどです。

不倫は遊びの関係だとわかっていても、あまり期待を持たせる発言をいわれると期待しちゃいますよね。

期待させる分、具体的に「いつまでに離婚して、いつ再婚するか」の話をしていれば良いですが、のらりくらりとはぐらかしている相手だと期待は持てません。

割り切って付き合わないと、期待した分あとで後悔することになります。

口が軽い人

不倫関係がバレる原因のひとつが、周囲に関係をポロっと話し拡散するケースです。

特に女性は、悩みを聞いて欲しい欲求があるので、将来の見えない不倫を誰かに相談したい思いが強くなりますよね。

不倫は世間的に認められない関係です。

誰にも祝福されない孤独なお付き合いなので、自分で受け止め消化するだけの力量がないと関係を持続することができません。

きつい香水をつける人

不倫を長続きさせるには、関係を周囲にバレないようにしなくてはいけません。

特に女性は匂いに敏感なので、衣服や体につく匂いは気をつけなくてはいけません。

それにも関わらず、やたら香りのきつい香水をつけてくる女性は要注意。

細かいところに気を配れない鈍感なタイプか、あるいは配偶者に自分の存在をアピールするため、意図的に残り臭をつけているかのどちらかです。

いずれにしても、不倫が周囲にバレる可能性がグンと高くなるので気をつけましょう。

体ばかり求める人

男性にとって不倫は、「体が目的」であることがほとんどです。

セックスは愛情表現なので、大切な行為にかわりありませんが、いつも会うのはホテルばかりになってませんか?

そして行為が終わると、そそくさと帰り話す機会がない…。

不倫に限った話ではありませんが、相手から愛情が伝わらないと不満が募ってしまい長続きしません。

避妊しない人

不倫は遊びの関係である以上、将来性のないお付き合いです。

言葉では「離婚して一緒になりたい」と言いながら避妊をしない人は要注意です。

男性は避妊しないほうが気持ち良いため、できるならコンドームは使いたくありません。

なので、気持ち良さを求めるために、あれこれ喜ぶ言葉を並べて避妊しない人は、無責任極まりない行為です。

不倫相手のことを本当に大切に思っているなら、必ず避妊はするものです。

避妊をしない相手に「コンドーム付けて」といって逆上されるようだと、その人との関係は断ち切ったほうが賢明でしょう。

(まとめ)不倫相手と一定の距離感を保つことが大切

不倫相手としてふさわしくない相手のタイプを9つ紹介しました。

  • 家庭を大切にしない人
  • 相手を束縛する人
  • 相手に依存しすぎな人
  • わがまま言う人
  • 将来を期待させる人
  • 口が軽い人
  • きつい香水をつける人
  • 体ばかり求める人
  • 避妊しない人

不倫はあくまで「遊び」の関係です。

家族を最優先に日常を過ごすので、一般的なカップルとは異なり、会える時間も連絡が取れる時間も制限があることを理解しなればいけません。

それに不倫している関係を周囲に相談するのもご法度なので、悩みを自分で受け入れるだけの精神的な強さが求められます。

そして不倫がバレないよう徹底的に隠し切るだけの細やかな性格の持ち主でないと、いずれバレてしまい取り返しのつかない事態に発展してしまいます。

このように整理してみると、お互いの家庭が円満なW不倫の関係が、一番長続きすることも納得できますね。

制限が多くても動じず、精神的にも強く、些細なことにも注意が向く人。

これが不倫相手としてふさわしい相手と言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする